栄養学

減量サポート

ダイエット中のルーティン

次は、ダイエット中はもちろん

普段の日常生活から意識してほしい

食事と睡眠についてお伝えしていきます☺︎

 

さっそく。

 

 

〈 食事 〉

 

ダイエット中は、食事内容に気を遣うと思うのですが

いつ食べるか、何を入れるか、それが大切なポイントです。

 

まず、朝食ですが

その前に起床後すぐにトイレへいく癖をつけましょう。

起きてやること、まずは排泄です。

 

その後体重計に乗って計測。

次はコップ一杯(200ml)の白湯を飲みます。

〈お湯 7 水 3 〉の割合で飲むのをおすすめします。

〈夏でも 湯 6 水 4〉

 

この1日の始まりかたを毎朝のルーティンにしてほしいです。

 

 

それから朝ごはんをとっていきます。

食べても食べなくても良いのですが、

食べないのなら

午前中に1リットルは水分補給を行ってください。

こちらもなるべく白湯か常温のお水が良いです

 

午後 昼食

炭水化物をやめられない方は

昼食で摂るようにするとダイエット中でも影響が出にくいです。

エネルギーを溜め込まず

発散する時間帯だからです。

 

ゆっくりよく噛んで噛んで、噛みしめながら食べます。

ここでもコップ一杯(200ml)のお水はセットです。

 

毎回の食事と200mlの水分補給を癖づけましょう☺︎

 

 

夕食

 

ご存知の方は多いと思いますが、

人それぞれの生活の過ごし方で意外とできていない

〈20時までに夕食を済ませる〉こと。

 

有名ですがなかなかできてない人が多いのです。

これはお仕事やその方の生活スタイルがあるので

仕方ないことでもありますが、

どうしてもできないときは

食事内容を変える必要があります。

 

炭水化物や脂質、胃もたれするようなものは

控えてください。

 

結構、酷なこと言ってます?

 

本当は加熱調理されたものも

食べて欲しくないんですが、、

それは現実的に毎日継続するのが難しいのでやめときましょう。

 

では具体的に夜とってほしいものです。

 

消化の良い 

・温泉卵

・半熟ゆで卵

 

就寝時、代謝の力になってくれる発酵食品

・キムチ

・冷奴

・お味噌汁

・ヨーグルト

 

・生野菜のピクルス

・生野菜

できればミキサーで、スムージーにしてください。

 

などです。

 

20時前に夕食を済ませることができる方は

タンパク質を中心に取りましょう

 

何度も言いますが、食事と200mlのお水はセットです。

 

 

 

そして空腹を感じて眠れなくなる前に

シャワーやお風呂に入って寝ましょう。

 

空腹を感じてお腹がぐぅ〜 と鳴ることがありませんか?

あれは胃が空っぽになり腸が動いているときになる音です。

 

この音がしてる時は、若返りの遺伝子(サーチュイン遺伝子)が

体内で働いてる最高の時間なのです。

 

ですが、お腹が空いて眠れないという方もいらっしゃるので

そうならないように

シャワーやお風呂を有効活用して

早めに寝ましょう。

 

私は空腹感を感じた時

まだシャワーを済ませてなかったらすぐお風呂にいきます。

シャワーを浴びると身体が温まり

空腹感がなくなります。

おすすめなので試してみてください☺︎

 

 

そして睡眠です。

必ず8時間は寝てください。

なので起きる時間から逆算してベッドに入ることを

癖づけてください。

 

 

8時間睡眠、これって本当に大切なことです。

夜、8時間眠っている間に

今日あなたが食事から摂取した酵素や栄養素、水たちが

体内をくまなくメンテナンスしてくれているのです。

メンテナンス=代謝です。

いろんな臓器を巡りいらないものを探し

翌朝へ排泄できるよう仕事を行ってくれる大事な時間です。

 

朝・昼・夜 の1日は次の日へと必ず続いていくのです。

 

この1日のルーティンをまずは癖づけましょう。